【WordPress】内部リンクでコメントが増える現象を解決する【疑問】

自サイトの内部リンクを貼るとコメントが増えている?

新規記事を書く際に、以前投稿した記事を関連記事として内部リンクを貼ると、「コメント」が増えていたり、
「新しいピンバックが承認待ちです」というメールが届いたりします。
これはWordPressの機能のひとつで、ピンバックといい、
記事内にリンクを貼った際に、その記事を書いた相手に対して「リンクを貼りました!」というお知らせがいくというものです。
今回の場合は内部リンクを貼ると相手(自分)に対して、お知らせがいく、ということです。
通知からのアクセスやリンクが増えるとSEO対策としては良いと思いますが、自分からの通知は紛らわしいため、停止する方法をご紹介します。プラグインでの設定もできるようですが、今回は実際に試したプラグインなしの方法をいくつかご紹介します。

相対パスでのリンクに変える。

こちらの記事のリンクの場合、
https://wp-makingnote.com/wordpress/rankingpage/

/wordpress/rankingpage/

このように変更することで通知は来なくなります。
しかしリンクを貼る際は毎回注意が必要です。

WordPressの設定を変更する

まずWordPressのメニューの「設定」から「ディスカッション」へと進み、
ディスカッション設定
「投稿中からリンクしたすべてのブログへの通知を試みる」
「新しい投稿に対し他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける」
こちらのチェックを外します。
この設定はピンバックの送信を停止したり他のサイトからのピンバックの通知も拒否してしまいます。
ピンバックでの流入がある場合は慎重に判断しましょう。

functions.phpを変更する

外観→テーマエディターからfunctions.phpを選択、以下のコードを追加します。
こちらですと自サイトのピンバックの送信をしない、という設定に出来るようなので一番適した方法ではないかと思います。

//セルフピンバックを停止する
function no_self_ping( &$links ) {
$home = get_option( 'home' );
foreach ( $links as $l => $link )
if ( 0 === strpos( $link, $home ) )
unset($links[$l]);
}
add_action( 'pre_ping', 'no_self_ping' );

functions.phpに書き込むことが難しい場合は上記2つになりますが、こちらですとプラグインを使用してサイトが重くなるということもなく、URLの変更を忘れてしまった、という場合でも大丈夫ですね。

まとめ

それぞれメリット・デメリットがありますが、自分のサイトに一番合う方法で設定してみましょう。

他にも初心者にありがちな疑問についての記事を読むにはコチラ!

【WordPress使い方】PCとスマホでフォントが変わってしまう?【疑問】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です