【WordPress】サイトを高速化する5つの有効な対策ランキング【SEO】

高速化は何故必要になるのか

サイトの表示が早ければSEOの評価のプラスになります。
表示が遅いとユーザーが別のサイトへ移動してしまう可能性が高くなります。そうなると離脱率に繋がってしまい、多くのユーザーを逃すことになります。
また検索エンジンからの評価にもページ表示速度が影響あるとも言われています。重要な判断基準になるため、サイトの表示速度は適切な速度になるように心掛けないといけません。

サイトの表示速度を知る

PageSpeed Insightsというページで現在の表示速度を測ることが出来ます。

高速化

ここではページがどんな順番で表示されていくか、高速化のために改善すべき項目等も見ることが出来るので定期的に調べることが大事です。

有効な対策ランキング

PageSpeed Insightsでも対策として出てくるものですが、

1.サイト内の画像の最適化(圧縮や遅延表示など)
2.プラグインを見直し整理する
3.PHPのバージョンを更新
4.CSS・JavaScriptの最適化
5.キャッシュを使用する



このような項目を改善することによってページ速度を上げることが出来ます。




1.サイト内の画像の最適化(圧縮や遅延表示など)



画像を一枚ずつサイズを落としていくことは、もうすでに記事数がかなりあるサイトでは難しいです。
そこで「EWWW Image Optimizer」などの画像圧縮のプラグインがあるので、そちらで最適化をします。
また記事一覧などで画像が並ぶ際には「a3 Lazy Load」といった画像の表示を遅らせるプラグインを使うと、上部分だけをまず読み込み、スクロースしていくと続きも読み込まれるため、最初のページ表示が早くなります。
WordPress 5.5から、画像の遅延読み込みがデフォルトになっています。

2.プラグインを見直し整理する


WordPressには便利なプラグインが数多くありますが、いくつもインストールしたものの、結局使われていないプラグインが増えている…ということもあります。インストールすればするほどWordPressに負荷がかかっていることになります。
現在のサイトにはどのプラグインが使われているか把握して、不要なものは削除して余分な物がない状態にしておくようにしましょう。


3.PHPのバージョンを更新


セキュリティ面から見てもバージョンアップは必要に思います。
基本的にサーバーのコントロールパネルから簡単にバージョンアップが可能です。アップデートされたという情報を見たら最新バージョンに更新するようにしましょう。


4.CSS・JavaScriptの最適化


こちらもプラグインと同様に不要なものがあると表示速度に影響が出ます。
PageSpeed Insightsでも使われていないCSSやJSが出るので、本当に消しても問題無いか調べつつ、容量を減らしましょう。
「Autoptimize」も最適化には便利なプラグインです。


5.キャッシュを使用する



WP Super Cache」「W3 Total Cache」「Cloudflare」などサイトのキャッシュのプラグインを入れることで、アクセス時にデータベースではなく、キャッシュファイルが表示されるようになり負荷が減るので高速化に繋がります。
しかしプラグインによってはサイトに影響があるものも多かったので試す際は慎重に導入しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です