【SEO対策にも】プラグインなしでOK!画像の遅延読み込みがデフォルトで実装!【WordPress】

WordPress 5.5から画像遅延がプラグインなしでデフォルトに?

wpサイトの表示速度を上げるためには画像の表示速度が重要です。
【wordpress】次世代画像フォーマット【webP】とは?【保存・アップ方法】で紹介した次世代フォーマットなど画像を軽量化するための様々な対策があり、wpサイトでの画像の遅延表示も高速化する際には重要な方法でした。
しかしWordPress 5.5からは画像の遅延読み込み、WordPress 5.7以降では動画の遅延読み込みも可能!とのことで、自動的に遅延の設定になる条件等をご紹介します!

imgタグに「loading="lazy"」が付与される仕様に

lazy

ここのサイトの記事一覧の画像部分のソースですが「loading="lazy"」が付与されています。
この「loading="lazy"」が自動付与されるには条件があるとのことですが、その条件とは【「width」・「height」を数値で指定】することです。
こちらを指定していないとデフォルトで遅延はつかないそうです。
基本的なHTMLの書き方をしていれば入力されているかと思いますが、もしも「WordPress 5.5以降の以降のバージョンで画像の遅延読み込みがされない」、と言った場合は一度確認してみましょう。
「width」・「height」が設定されていれば今後の記事はもちろん、過去の記事も自動的に遅延が付与されるようです。

SEO対策としての画像の遅延読み込み

PageSpeed Insightsで改善方法を調べるとよく「オフスクリーン画像の遅延読み込み」が改善項目にありましたし、Googleの評価を上げるためにも軽量化は必須でした。
遅延のためのプラグインも「a3 Lazy Load」、「Lazy Load」、「Jetpack」などがあり、画像の多いサイトでは「a3 Lazy Load」を使っていました。
しかしサイトとの相性もあり「a3 Lazy Load」以外は使えないサイトもありましたので、すべてのサイトで画像遅延読み込みがデフォルトになるのはうれしいことですね。

まとめ

サイトの改善で一番量も多く対策に時間がかかっていた画像の読み込みがデフォルトで実装となると、画像の問題とプラグインの数も減らせるのでさらに効果が期待できそうですね。
きちんと自分のサイトも実装される条件が満たされているか確認しておきましょう。

他にもある!サイト高速化についての方法はコチラ!

【WordPress】サイトを高速化する5つの有効な対策ランキング【SEO】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です