【WordPress】ワードプレスでショートコードを使う【PHP】

ショートコードとは何か?

ショートコードはあらかじめ設定しておいたPHPのコードを呼び出すことが出来るものです。
[]で囲われた短いコードで呼び出すことが出来るので複雑な処理であっても記事がコードでいっぱいになって読みづらい…ということもなくなります!

また「Post Snippets」というプラグインでは、
初心者でも簡単によく使うHTMLやPHPコードをショートコードにすることが出来ます。

ショートコードを使えば作業効率もUPするのでおすすめです。

Post Snippetsでショートコードを作成する方法

まずPost Snippetsをインストール・有効化します。
左メニューに追加されるので、「Manage Snippets」→「Add New Snippets」で新規のコード追加画面へ薄めます。

post

タイトル部分にショートコードになったときの名前を入れ、
広いスペースに定型文やPHPのコードを入れます。
この時PHPは<?などの囲みは無しで入れます。
右下のショートコードにチェックを入れるとショートコード化でき、
PHPのコードの場合はPHPコードにチェックを入れます。

外部にPHPファイルを作って呼び出す方法

まずはfunctions.phpにコードを追加するのでバックアップを取るなど、
エラーが出ても大丈夫なように準備してからコード追加をします。
以下のコードを入れるとPHPを呼び出すことが可能です。

function my_php_Include($params = array()) {
extract(shortcode_atts(array('file' => 'default'), $params));
ob_start(); include(STYLESHEETPATH . "/$file.php"); return
ob_get_clean(); } add_shortcode('call_php', 'my_php_Include');

次にfunctions.phpと同じ階層にPHPファイルを作成、呼び出したい場所(固定ページや記事ページ)にショートコードを置きます。

[call_php file='PHPのファイル名']

テンプレートファイルではショートコードがそのまま表示されてしまいますのでechoとdo_shortcodeを使う必要があります。

<?php echo do_shortcode("[call_php file='PHPファイル名']"); ?>

まとめ

Post Snippetsなどプラグインを使うとWordPress内でコードを作成・使用できますし、PHPファイルを作って呼び出す方法なら長いコードの場合でもわかりやすいので使いたいコードによって使い分けると便利だと思います!またプラグインなら初心者の方でも使いやすいと思います。
うまく活用して記事作成を効率的に進めましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です