【wordpress】ディスクリプションを出力する【SEO対策】

ディスクリプションとは

メタディスクリプション(meta description)ともいい、検索結果のタイトルの下に出てくるテキストの事をいいます。
このサイトはこういうサイトです、といったことをクローラーに伝えたり、検索をしたユーザーが必要な情報かどうかを判断する材料になります。
設定をしていないと、キーワードに適すると思われる部分をコンテンツの中から選んで表示されているようですが、それではサイトの内容を正しく伝えることは出来ませんので、自分できちんと設定するのが良いと思います。

効果のあるディスクリプションの書き方

よく見かけると思いますが、ディスクリプションの表示はこんな感じです。
ディスクリプション

検索されたワードによってトップが出たり、記事ページが出たり、カテゴリーページが出たりしますので、それぞれにあったディスクリプションを書くことが大事です。
キーワードのみになったりしないようにいろんなサイトを見てわかりやすいディスクリプションを研究してみましょう。

ディスクリプションの設置の仕方

設置方法ですが、All in one SEOののプラグインを使用していればディスクリプションを設定するページがありますので簡単に設定したい場合はこのプラグインをインストールして設定するのがわかりやすいかと思います。
また記事作成画面で直接入力することも出来ます。
ディスクリプション2
今回は自分でコードを書く場合の書き方も置いておきます。
場所はheader.phpに置きます。
is_tag=タグページ、is_category=カテゴリーページ、is_page=記事ページ、最後はそれ以外のページすべて、という形になっています。
<?php if( is_tag() ) : ?>
<?php
  $term = get_queried_object();
  echo $term->count;
?>件の記事があります。「タグについての説明など~」

<?php elseif( is_category() ) : ?>
<?php
  $term = get_queried_object();
  echo $term->count;
?>件の記事があります。「カテゴリーについての説明など~」

<?php elseif ( is_page() ) : ?>
「記事ページの説明など」

<?php else: ?>
「サイト自体の説明などどこに出ても違和感のない説明」
<?php endif; ?>
">
また以下の部分はそのタグやカテゴリーに何件の記事があるかカウントしてくれるため、情報がどれだけあるかが検索してきたユーザーにわかりやすくなります。
<?php elseif( is_category() ) : ?>
<?php
  $term = get_queried_object();
  echo $term->count;
?>件

まとめ

ディスクリプションも導入してすぐに結果が出るものではありませんが、Googleやユーザーからの評価を得るためには重要なものになりますので、設置の仕方や中の文章などしっかりと考えていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です