【PHP】同じカテゴリーの記事をランダムで表示する【関連記事】

WordPressで関連記事を表示する

ワードプレスで作成されたWEBページを見ると記事の下などにその記事と関連のある記事が表示されていることが多いかと思います。
関連記事が表示されているとサイトを訪問した人により多く記事を読んでもらえる可能性がUPします。気になってついつい何件も読み進めてしまったということもよくあります。
閲覧されたページが多く、サイトの回遊率が上がるとサイトの評価も上がり、アクセスアップにも繋げられますので設置することをおススメします!

関連記事を設置するメリット

訪問者の方がどれだけページを閲覧したか、というのはページビュー(PV)で表します。
PV数が高いページほど興味を持った方が多いということがわかりますし、サイト内に人気ランキングを設置しているとその記事が上位に来るので、他の内容を求めて来た人の目にもとまりやすくなります。

関連記事の表示方法

関連記事はプラグインで表示させる方法があります。「WordPress Related Posts」や「Related Posts for WordPress」、「Yet Another Related Posts Plugin (YARPP)」などいくつか種類もありますので初心者の方はプラグインで設置するのが簡単かもしれません。
もしくはプラグインなしでページにコードを書き込み表示する方法もあります。
今回はサイトで使っているコードを紹介します!

プラグインなしで表示する方法

外観→テーマエディターへ進み、sigle.phpという投稿記事の項目へ行きましょう。
そこに以下のようなコードを入力していきます。
(テーマの編集の際はバックアップを!)

<div class="relatedted">
<?php
$categories = get_the_category($post->ID);
$category_ID = array();
foreach($categories as $category):
array_push( $category_ID, $category -> cat_ID);
endforeach ;
$args = array(
'post__not_in' => array($post -> ID),
'posts_per_page'=> 2,
'category__in' => $category_ID,
'orderby' => 'rand',
);
$query = new WP_Query($args); ?>
<?php if( $query -> have_posts() ): ?>
<?php while ($query -> have_posts()) : $query -> the_post(); ?>
<div class="related-entry">
<div class="related-entry-thumb">
<a href="<?php the_permalink() ?>" title="<?php the_title_attribute(); ?>">
<?php if ( has_post_thumbnail() ): ?>
<?php echo get_the_post_thumbnail($post->ID, 'thumb100'); ?>
<?php else: ?>
<img src="<?php echo get_template_directory_uri(); ?>/images/no-image.png" alt="NO IMAGE" title="NO IMAGE" width="100px" />
<?php endif; ?>
</a>
</div><!-- /.related-entry-thumb -->

<div class="related-entry-content">
<h4 class="related-entry-title"> <a href="<?php the_permalink(); ?>">
<?php the_title(); ?>
</a></h4>
<p class="related-entry-snippet">
</div><!-- /.related-entry-content -->
</div><!-- /.new-entry -->

<?php endwhile;?>

<?php else:?>
<p>記事はありませんでした</p>
<?php
endif;
wp_reset_postdata();
?>
<br style="clear:both;">
</div>

こちらで表示可能です!この記事の下にある2個並びの記事がこのコードで設置しています。

まとめ

関連記事を表示させて回遊率をUPさせることによりGoogleの評価を上げるということはSEO対策としても良いと思います。プラグインでの表示は簡単に出来ますが、自分らしくカスタマイズしたい場合はコードでの表示が良い場合もあります。自分に合った方法で設置しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です