【wordpress】フォント変更も簡単?「Easy Google Fonts」について【CSS】

コード不要!プラグイン「Easy Google Fonts」でのフォント変更について

前回まではテーマエディタのCSSファイルでの
「フォント読み込み・フォント変更について」の紹介をしました。
細かい調整をしていきたい場合はやはり、
CSSなどでコードを使った編集をしていくのが一番良いと思うので、
今後色々やっていきたい場合はそちらを覚える必要があると思いますが、
とにかく簡単に出来ればいい!という場合はやはりプラグインがわかりやすいかと思い調べてみることにしました。

フォントプラグイン

今回は「Easy Google Fonts」というプラグインを使ってみました。

「Easy Google Fonts」という

いつものように新規プラグインからインストール・有効化をします。
有効化のあと、左メニューから外観カスタマイズTypographyに進むとこのプラグインを使うことが出来ます。

フォントプラグイン2

Paragraphs(P、本文)、heading 1~(h1~h6)の設定が可能です。
言語を日本に設定してから選ぶことで、日本語に使えるフォントを選択できるかと思います!
横のプレビューを見つつ調整していきましょう。
CSSの設定も出来るためここで大きさや色などのも変更が可能です!

まとめ

今回は簡単にフォントの設定変更が出来る「Easy Google Fonts」についてまとめてみました。
文字の多いサイトでは見てくれる方の印象を左右する物なのできっちり設定していきたいところです。プラグインを使うとわかりやすく簡単に変えることが出来て良いですね。
とにかく簡単に設定したい場合は今回のようなプラグインを使う他、最初に選ぶテンプレートを探すときに好みのフォントが使われているもので探すのもひとつの方法かもしれません。
CSS、プラグイン、テンプレートと色々自分に合った方法を見つけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です