【all in one seoで作る】XMLサイトマップの重要性とは?【SEO対策】

XMLサイトマップとは?

XMLサイトマップは検索してきた訪問者に見せるためのHTMLサイトマップとは違い、Googleなどの検索エンジンのクローラー向けのサイトの地図になります。
サイトマップが設置されていること自体が直接評価には繋がりませんが、クローラーが巡回しやすくなり、まだ検索ページへ表示されていないページをクローラーが見つけてくれたりするなど、SEO対策には影響があります。

Googleにサイトの情報を伝えるためのもの

新しいページや更新したページの情報を検索エンジンに伝えることができ、検索ページに載るようになったり、インデックスされていないページを早く発見し、正しい形に直せたりする等、のちのちサイト全体に影響が出る部分の改善にも役立ちます。
一方HTKLサイトマップは、SEO対策の面から見ると特に大きな効果はありませんが、ユーザーにとって快適なサイトであるためには、迷ってしまいそうな構造だと感じたら作っておくべきかと思います。このサイト内で言うとメニューにもあるLISTのような訪問者がコンテンツを一覧で見られるページです。

XMLサイトマップの作り方

そんなXMLサイトマップですが、WordPressでサイトを作成していればGoogle XML Sitemapsというプラグインでの生成も可能です。
しかしSEO対策にも有効な「all in one seo」のプラグインを使っていれば非常に簡単に生成することが出来ます。
左メニューにあるall in one seoからサイトマップ、サイトマップ有効化、そしてそのサイトマップをGoogleのサーチコンソールに追加すればOKです!
noindex 設定をして評価を下げるページはクロールされないようにするなどの対策をすることによって逆にインデックスさせたくないページは載らないようにするなどよりよい評価のもらえるサイトにしていくため工夫しましょう。

サイトマップ

XMLサイトマップはサーバーへとアップするのではなく、サーチコンソールを使います。
サーチコンソールへログイン後、インデックスの項目のサイトマップで新しいサイトマップの追加をすれば完了です。

サイトマップ2

まとめ

今回はXMLサイトマップのall in one seoで設置できる簡単な作成方法を、サイトマップの必要性などと一緒に新たにまとめました。
他にも出来るSEO対策はありますが、サイトマップの設置はそのなかでも簡単に出来ることの一つだと思いますので、よくわからないので設置していない、という場合はぜひ試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です