【wordpress】自作フォントを使ってみる【CSS】

フォントは自分で作れる?!

ゴシック、明朝、特殊なデザインがされたもの…などなど本当に数多くのフォントが存在しますよね。
整った形の方が可読性も考えられているものと思いますが、さらに自分らしさを出すために自分だけのフォントを作る…ということも出来ます!
漢字も使えるものは大変ですが、ロゴや、ひらがな・カタカナ・アルファベットなら作りやすいのではないかと思います!
今回は自分でフォントを作る際の流れやよくおすすめされているソフトなどをご紹介します。

続きを読む

【wordpress】フォント変更も簡単?「Easy Google Fonts」について【CSS】

コード不要!プラグイン「Easy Google Fonts」でのフォント変更について

前回まではテーマエディタのCSSファイルでの
「フォント読み込み・フォント変更について」の紹介をしました。
細かい調整をしていきたい場合はやはり、
CSSなどでコードを使った編集をしていくのが一番良いと思うので、
今後色々やっていきたい場合はそちらを覚える必要があると思いますが、
とにかく簡単に出来ればいい!という場合はやはりプラグインがわかりやすいかと思い調べてみることにしました。

フォントプラグイン

今回は「Easy Google Fonts」というプラグインを使ってみました。

続きを読む

【wordpress】フォントにCSSがあたらない?【font-family】

font-familyのCSS

基本は以前フォント変更フォントスタイルにまとめた通りやbodyに指定のコードを入れるとフォントの指定ができます。
今回はフォントファミリーやフォントスタイルの変更をした際にうまくいかない場合、どんな原因があるか調べてみました。

続きを読む

【WordPress】おすすめのGoogleフォント・PC標準フォント【10選】

サイトのフォントを決めるポイントとは?

Googleフォントには数多くのフォントがあります。その中でも人気と言われているフォントや、使ってみたいなと思ったフォントを今回ご紹介します。

選ぶときのポイントは
・自分のサイトの内容と合ったフォントか
・本文は読みやすいフォントであるか
を考えることが重要です。
ヘッダーなどは印象に残りやすいインパクト強めな見た目重視で選び、多少読みにくくても問題ないことが多いですが、メインの文章のフォントは読みやすさを重視すべきです。
そのため場所によって使い分けもいいと思います。

続きを読む

【WordPress】部分的にフォントや装飾を変える方法【CSS】

記事内のフォントについて

ワードプレスで作られたサイトはテンプレートを使うとすでにフォントは設定されているので、こだわったフォントを使わない限りサイト全体のフォントは変えないことも多いと思います。
しかし記事を作っていくなかで、見出しのフォントを変えたい、強調したい部分だけ装飾したい、ということも出てくると思います。今回はそういった部分的にフォントの装飾をしたい時の設定方法です。

続きを読む

【WordPress】おすすめフリーフォント紹介【無料10選】

理想のフォントでデザインを!

ワードプレスでサイトを作成するとテンプレートの設定のフォントをそのまま使うことが多いと思いますが、デザインを作っていくと文字にもこだわりたい!と思うこともあると思います。
Googleフォントなどのウェブフォントもたくさん種類はありますが、無料でDL可能なフリーフォントにもとてもいいフォントがたくさんあります。
商用利用可能のもの、サイト利用・印刷物への使用もOKなものなど色々なところに使えるものも多いです。
今回はフリーフォントの中でもおすすめなものをいくつかご紹介します!
※規約が変更されている場合もありますので使用する際は配布サイトの説明をよく読んでご利用ください。

続きを読む

【WordPress】サーバー上にアップするフォントを置いて変更する【CSS】

フォントをサーバー上に置く

以前ウェブフォントの使い方について紹介させて頂きましたが、今回は自分のサーバー上にダウンロードしたフォントをアップし、使用する方法です。

おおまかな流れは
→フォントをダウンロード
→形式をWOFFに変換する
→サーバーにアップロード
→CSSでフォント設定
→使いたい部分でフォント指定
という作業になります。

続きを読む